ときどき書きます。アイデアノート。
by terae-art
カテゴリ
全体
1.はじめに
2.アート
 ┣考え中
 ┣制作中
 ┣出品展覧会記事
 ┣見てきました
 ┣2012~ スタジオ
 ┣2011釜山レジデンス
 ┣2011~ 東広島市美
 ┣2010~ 伊王島
 ┗2009旧大賀AP
3.くらし
 ┣お出かけ
 ┣食
 ┣運動
 ┣変てこ
 ┗その他
関連リンク
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...
最新の記事
友達に会う
at 2016-06-29 11:42
穴4
at 2016-04-04 00:51
個展「穴」(3月26日追記)
at 2016-03-15 01:21
メカ化が進んでおります。
at 2016-03-06 13:13
穴3
at 2016-03-01 07:28
穴2
at 2016-02-28 21:24
at 2016-02-28 01:33
3月に2年ぶりの個展します。
at 2016-02-23 23:37
逃避の為の技術を磨く~願いは..
at 2016-02-19 19:25
バレンタイン
at 2016-02-14 23:47
記事ランキング
検索
タグ
    
友達に会う
そろそろ福岡を発つため、アパートの引っ越しを進めている。

それで、ほとんど荷物がなくなっていることや、「今度飲もう」と言われていた人と話しておきたいと思っていたこともあり、平日なのに家飲みをしてみようと急遽思ってしまった。その日のお昼くらいから何人かに声をかけたが、突然だったということや、雨だったこと、そんなにお前と飲みたくないわということ、そもそも皆仕事してるなど、いろいろな理由で今のところ結局一人で飲んでいる最中である。

先ほどその一人から電話があり、「何飲みなん?」と聞かれた。よく考えてみれば、理由もなく飲み会をするということは、なかなかないことである。平日に何となく家飲みを誘うということは、大学生ぶりであることに思いあたった。何かの理由があって人は人と出会うのであって、ただ出会うということはなかなかない。出会う理由が、通常の会い方には必要なのだと知った。もし、理由なく出会うとしても、それにも理由が隠されているのだと思う。しかし、僕は今日、どんな理由で家飲みしようと誘ったのだろうか。ただ会いたいからと、言えなくもないが、それにだって理由が隠されているのだし、そもそも会いたいから会うというような大人は通常いないのであって、忙しい毎日と、家族サービスでスケジュールは埋まっているのである。呑気なことが言えるのは、初めての一人暮らしをした人や、ホームシックになった大学生くらいで、僕も帰省するたびに高校時代の友達とたいした理由もなく出会っていたものだ。それも、家族を持つ人が増えた時期から、全くなくなっていった。

「何飲みなんって言われても、特になんもないよ。部屋が片付いたからさ。なんとなく。」と言ったら、「寂しいんやろ。仕事終わったら行けるけど、何時までやりよると?」と返ってきた。それを聞いて一瞬、ハッとなった。今日の夜は暇だから誰かと飲もうかなと気軽に声をかけただけだったのだが、その「寂しいんやろ」という言葉で、自分は寂しがっていたから人と出会おうとしていたのかと、自分の状況を暴かれたような気がして恥ずかしいような気持ちになった。


ここで数名の訪問があり、近況などを語り合い、
2時くらいまで話て、みんな帰っていった。
家飲みだとそのまま寝れるから楽だなあなどと呑気に寝床につく。


翌日の朝、「昨日って何かあったの? ふと気になって心配になったよ。」と誘っていた別の友人からメールが届いた。やはり理由もなく誘う人は、どこかおかしいと思われるようだ。

[PR]
# by terae-art | 2016-06-29 11:42 |  ┣考え中 | Trackback | Comments(0)
穴4
人はたいへん弱い生き物だ。
そのなかでも僕は特に弱いのではないか。
ちょっとしたことで心が大きく揺れ動いて、
随分と自分で自分を振り回してきたものだ。
頑丈な大木のように立ちたいものだが、
そよ風さえ痛く感じる程に、皮膚が薄く破れやすい。

カミュの「シシューポスの神話」の最初に、哲学の探求すべき最大のテーマは、人がなぜ自殺するかということだと書いていた。それ以外のことは、いくら大事なことだとしてもたいがい遊びみたいなもんだと書いてある。

この痛みのような感覚が、どこから来るのか分からないが、いろいろな原因が重なることで痛みになっているように感じる。それが自殺と関係する痛みかどうかは、僕には今のところ分からないけど、きっとこの痛みの感触が何なのかがカミュの言う探求すべき最大のテーマなのだろうと思った。しかし、不安であったり寂しさであったり怒りであったりする様々な痛みも、喜びがあれば和らぐことがある。いくつかの喜びが重なれば消すこともできるはずだ。

人が争うときも、自殺とは違う仕方で、自らを傷つけているのではないか。何かと衝突して自分の形が変形したり、穴が開いたようになれば、自殺と同じように死ぬこともあるのかもしれない。命があるかどうかと関係なく、死に続けることも生き続けることもできるのだと思った。

叫んだりして、ストレスを発散することが可能なのは、言い表せない痛みを言い表す唯一の方法だからなのかもしれない。もし、叫びによっても言い表せない痛みが刻まれたなら、その時は黙るしかないが、それによって何かが解決することはないだろう。見えない穴の底からでも叫び続ける強さが欲しい。

[PR]
# by terae-art | 2016-04-04 00:51 |  ┣考え中 | Trackback | Comments(0)
個展「穴」(3月26日追記)
c0141263_21483485.jpg
個展案内カード ダウンロード → 【】【
  


久しぶりの個展ですが、たった4日間のために湯水のごとく金を投入しております。金はともかく、まあ、頑張っている。そいで、今回は2年ぶりの個展みたいなんだけど、たぶんこれが終わったら、またしばらく個展させてもらえる機会ないと思うので、次回はまた2年後くらいかな。。。そんな感じがします。つーわけで、お見逃しなくっ!なんつってな!

27日が会期最後!残すところあと2日!!4日しかないからずいぶん早いなあ。
最終日27日は13時~22時までトークイベントです。よろしくどーぞ。→ クロージングトークイベント

[PR]
# by terae-art | 2016-03-15 01:21 |  ┣出品展覧会記事 | Trackback | Comments(0)
メカ化が進んでおります。
今度の個展用に、新しいメカを導入!!自作電動スライダーが完成したのであります!!
3月末には個展だというのに、今頃機材をつくっている!!!!
まにあわんぜっ!まじで!いい加減撮影をしなければ!!!!!!
c0141263_13033520.jpg
c0141263_13035486.jpg
c0141263_13030336.jpg
今までは、基本的に自撮りだったんで、誰かにお願いしないと動きのあるシーンが撮れなかったんだけど、これなら1人でも動かせる!というテストをしたやつ↓


[PR]
# by terae-art | 2016-03-06 13:13 |  ┣制作中 | Trackback | Comments(0)
穴3
不安定な日が続いている。
何かに集中できたときは良いみたいだ。
でも、それもなかなか持続しない。
それから、今朝は息が苦しい。

鼓膜がどうかなってしまうんじゃないかというボリュームで音を聞く。
余計なことが入ってこないように身体をふさぐ。
心と身体をコントロールするには身体の一部を制限するのがいいのかもしれない。少し楽になる。

考える前に行動できる人達も、きっと考えているんだろう。
僕だって、思い切り動いたら何かが変化することくらいは知っている。
それが上手くできるときは、考えながら行動できる時なんだ。
でも、心と身体のスピードが一致しないと不安定になる。
どちらかが速すぎても遅すぎてもダメなんだ。
どちらかがついてこれなくなるから。
だから余計なことをしたくない。

でも余計なことがどれなのか、僕にはよくわからない。
だって全部余計で、全部大切かもしれない。
全部ぶち壊して片っ端から確認していけば、
そのときには分かるんだろう。

1つの身体と心が、2つになり、3つになり、どんどん増える。それらのスピードを揃えて二人三脚をすることは、僕にできるんだろうか。1人で歩くのだって難しい。でも不安定なまま進んでいない人などいないのかもしれないね。

いつ余計なことをしたのか。
余計なことをしたから不安定になった。
不安定なバランスを整えるために穴を掘りに行く。
[PR]
# by terae-art | 2016-03-01 07:28 |  ┣考え中 | Trackback | Comments(0)